交通事故で弁護士に相談する前に知っておきたい事柄を紹介します

交通事故に遭って怪我を負ってしまったときには、加害者と損害賞について示談交渉をする必要があります。自動車保険に加入しているから問題がないと考えている人も少なくありません。ところが飲酒運転など加害者側に100パーセントの過失があると判明したときには、被害者は、自分が入っている自動車保険会社に協力を仰ぐことができなくなってしまいます。100パーセント加害者の過失により引き起こされた交通事故では、被害者が怪我の治療をしながら加害者と示談交渉も行う必要があるということを知っておく必要があります。また、被害者が一人で示談交渉を行うと大きな不利益を被る可能性があること、そのような事態を防ぐためには弁護士に相談する必要があることも知っておく必要があります。

交通事故の示談交渉を弁護士に相談するメリット

交通事故で被った被害についての損害賠償金を請求するときには、示談という方法で加害者側の人間と交渉をすることになります。この損害賠償金を請求することや示談の交渉の手続きは法律が全て関わってきます。そして、受け取れる損害賠償金の金額も、示談の交渉の仕方によって違いが出てきてしまいます。ですので、法律の専門的な知識がある弁護士に相談をすることを検討することになるのですが、弁護士を介して示談の交渉をすると様々なメリットがあります。弁護士に相談すると加害者側の自動車保険会社と行う示談交渉を被害者側に有利な条件で進めることができ、示談金についても増額させることができる可能性が高くなります。弁護士が被害者の代理人になって加害者側の自動車保険会社と示談交渉を行うことによる、最大のメリットは、被害者が不利な交渉にならないことと、示談金が増額できることです。

知っておきたい弁護士との相談内容

弁護士に示談交渉の代理人になってもらうと、面倒な示談交渉のための手続きなどを被害者に代わって行ってくれることや、加害者側の自動車保険会社との話し合いの中で対応に苦慮するようなことがあったときにアドバイスをもらうことができることなどは前もって知っておくと充分に活用ができるようになります。示談交渉の代理人になってもらうかどうかは別として、自分が遭った交通事故の場合は、弁護士に示談交渉の代理人になってもらう依頼すると、どんなメリットが生じるのかについて相談してみるのが良い方法であることも知っておきたいところです。法律事務所に電話を入れるときの通話料が無料で、電話や面談による相談の費用も無料である法律事務所や、示談交渉に取り掛かるときに着手金が発生しない法律事務所も存在します。