弁護士に交通事故ではじめて相談する時の注意点をお教えします

交通事故の被害者となったら、なるべく早い時期に弁護士に相談するべきですが、弁護士であればどこでもいいわけではありません。交通事故は、非常に専門性の高い分野ですので、普段から交通事故を専門に扱っている法律事務所に相談することです。弁護士といっても、各自得意分野があります。常日頃よく扱う分野には詳しくなりますが、あまり扱ったことのない分野には疎いものです。医者もそうですが、細分化が急速に進んでいる現在では、当然そうなるものです。交通事故は件数がたいへん多いため、交通事故を頻繁に扱う弁護士がより詳しくなり、専門の弁護士というのも存在することになります。交通事故専門の弁護士は、過去の幾多の判例にも精通し、最新の傾向も熟知していますから、裁判をした場合にどういう結果が出るか、あらかじめわかるものです。

示談交渉の場でも一歩も引かずに

裁判の結果がわかっていると、強気で交渉できます。主張が通らなければ裁判をすればいいわけですから、余裕が持てるわけです。裁判結果がどうなるかわからなければ、裁判をなるべく避けようとするものです。妥協し、譲歩もやむなしとなります。裁判で主張が認められるケースでも、肝心の弁護士がそれをわかっていなければ、無駄な譲歩をすることにもなりかねません。被害者も基本的には裁判を避けたいと願っているものです。被害者側の弁護士が、裁判結果を的確に見通せるかどうかというのは重要ポイントで、それができる弁護士に依頼することです。加害者が任意保険に加入していた場合、被害者の交渉相手は任意保険会社となります。被害者に弁護士がつくと、任意保険会社の顧問弁護士が交渉相手となります。

任意保険会社とはなるべく接触しない

弁護士に相談しようとするということは、任意保険会社任せにしてはいけないと気づけたということで、それはたいへん幸運なことです。最後まで気づかずに、または気づくことが少なくて、個人で交渉して示談が成立してしまう場合もあります。そうした示談内容は、被害者に相当不利な内容である場合が大半です。被害者は、事故直後から治療費の支払いや手続を代行する、任意保険会社の担当者が中立の差配者のように感じられて、そこまで至ってしまうことが多いわけなので、そうした構図が出来上がってしまう前に、任意保険会社とは接触を断ち、なるべく早い時期に弁護士に依頼することです。弁護士に依頼することは、任意保険会社に言わなくてかまいません。弁護士に依頼する前には、可能な限りの事故関係の資料を入手し、すぐ渡せるようにもしておきましょう。